歯医者の美人スタッフとの仁義なき戦い

ある日、帰宅すると郵便受けにハガキが来ていた。 それは、半年前に親知らずの抜歯でお世話になった歯医者さんからの物だった。 僕はその時、約20年ぶりの歯医者であったのだが、そろそろヤバそうな予感がして、母親に紹介してもらった歯医者に行ったところ、親知らずを全部抜きましょうという提案をされた。 それから僕の…