女性が輝く社会とやらにするために必要なこと

最近、誠実さをゴミ箱に投げ捨てたような女性たちから、ビジネスの約束を反故にされることが3回続いた。 まあ、1回や、2回なら、ムカつくという程度で良かったのだが、それが3回目になった昨日は流石に色々と見直そうという気持ちにさせられた。 何があったかというと、とある女性が、自分でブランドを立ち上げたいという…