Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

お見合い2.0の衝撃…!

先日の話だが、24歳の女性2人から「結婚したい!」という直球すぎる相談があった。
 
そんな迷える子羊の2人の話を、「随分と勝手な事言ってやがるな〜」と思って聞いていたら、ふいにその女性の中の一人が面白いことを言い出した。
 
「私、結婚相手が見つかるならば、100万円を紹介者にあげても良い!!!」
 
おいおい…そこまでする? って感じである。
 
 

世の婚活事情あれこれ

 
以前、婚活ビジネスをやっている人のお家に遊びにいった際に(その人は離婚したばかりだった…皮肉なもんだ)世の婚活事情について色々話を聞いたことがあった。
 
・婚活サイトの入会料が約20万円、月会費1万5千円。
・20代で結婚相談所に登録する男性と女性の比率は「1:5」と圧倒的に女性が多い。
・30代後半の女性登録者は結構綺麗な女性が多い。
・男性登録者はあまりスペックが高くない。

これに加えて、成婚率は一説によると約10%と言われている(参考:婚活業界の「不都合な真実」)
 
2,3年前に聞いた話なので、あまり覚えてないし、多少変わったかもしれないが、だいたいこんな感じだ。
 
年間で婚活に使う費用が50万円だとして、成婚率が10%…となると、成功報酬で結婚相手を探してくれる人に100万円支払うのは、意外と理にかなっているのかもしれない。
 
 

婚活と投資の不思議な関係

 
その女性たちに条件を聞いてみたら、「年収500万円あって、関東在住ならば、それで良い!」と言っていた。
 
絶対にいざ紹介したら、色々な理由をごちゃごちゃ言ってくるのは目に見えているから、そんな戯れ言に近い条件は本気で信用しているわけではないが、数字や事実で目に見える条件設定はわかりやすくて良い。
 
投資で考えると、100万円を使って、年収500万円の男性と結婚するという行為は、100万円投資して、年商500万円の会社に投資するようなイメージなのだろうか?
 
しかも、経費は共同で使えて、配当金の交渉権もある。いや、むしろ共同経営するイメージかもしれない。
 
旦那さんが、お金を使ってくれる人ならば、100万円分の投資分は1年以内でも、すぐに回収できるかもしれない。(※あくまでも、金銭的な話ね、結婚は色々あるからね)
 
 

お見合い2.0!

 
そう考えていくと、自分で値段を提示して、結婚相手を紹介してもらうサイトみたいなサービスは結構面白いのではないかと思えてくるのだ。
 
web上で、プロフィールとか、結婚したい理由とか、顔写真、相手に求める条件を紹介者向けに出して、無料では一部の情報しか見れないが、有料会員には情報を全て閲覧できるみたいなシステムだ。
 
それで結婚まで行き着いた人には、結婚できた相手が紹介者に成功報酬で支払う。サイトはその仲介をネット上で行うのみという感じである。
 
ある意味、最近流行のフリマアプリのようなシステムを応用すれば、新しい形のマッチングアプリとして行えるから面白いと思うのだ。
 
 

その女性たちはどうなったのか?

 
実際に、Facebook上で同様の話を投稿してみた。
 
 
【結婚相手募集(僕じゃありません)】
僕の友人女性(24)が結婚相手を募集してます!
 
 
【こんな感じの女性です】
 
・黒髪ロング
 
・化粧っ気薄めの顔
 
・性格は少し不思議系
 
・服装は最近大人っぽくなった
 
・第一印象は森ガールみたいな素朴な印象
 
・料理作るの結構好き
 
 
【条件】
 
・年収500万円以上
 
・関東圏内在住
 
 
無事、結婚できた暁には、紹介してくれた人に、100万円払う準備はあるらしいです(ビックリ)
自ら立候補した場合は僕が紹介者になるんで、頑張って幸せになってください(笑)
どしどし、紹介よろしくお願いしまーす!
 
 
…と、投稿してみたが、どうせ、大した反応はないかもしれないな…と思っていたら、結構良い反応が。
 
紹介してくれるという人だけでなく、何と、立候補者も!?
 
予想外に、多くの人からの反応があったため、正直一人一人紹介している暇が無かったので、一つの場所でみんなを集めて公開オーディションみたいな形で行うのはどうかと提案したら、色々とブーブー文句を言うもんだから、面倒臭くなり、「うるせええええ!!!!」と言って、保留状態にしてしまったのだった、ちゃんちゃん。
 
しかし、ここまで書いておいてあれだけど、結婚に悩む女性は、起業すればいいと思うのよ。
 
だって、上手くいけばお金持ちになれるし、そうでなくても、将来のお金持ち候補のコミュニティに入れるんだから、良い話だと思うな〜
 

 

スパルタ婚活塾

スパルタ婚活塾