Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

ビジネスのコミュニケーションは電話より文章

僕は、電話よりもLINE派である。

 

用件は電話よりも、文章で送ったほうが早いというのが僕の意見だ。

 

メールならば件名、LINEとかなら一行目に【緊急】とでも入れれば、急ぎかどうかも伝わるし、電話をかけて折り返しを待つくらいなら、電話が通じなかった段階で、文章で用件を送るべきだ。留守番電話起動させるより、早く状況を把握できる。

 

しかも、文章で残っているから、後々、問題が起こったときに検証も楽だ。電話や対面では言った言わないの世界になりやすい。

 

はっきり言って、電話機能なんかいらないと思っているくらいだ。

 

もちろん、ニュアンスが微妙な内容を電話で話そうとか、会って話そうというのを完全に否定しているわけではない。間違いが起こるよりはよっぽど良い。でも、そういう場面は思っているより少ないと思うのだ。なんとなくその方が安心感があるというだけの理由でやっていると考えて良い。

 

電話や対面だと安心して冗長に話したり、まくし立てて相手に伝わらないことがありうる。文章なら、簡潔にまとめようとするようになる。説明が足りなかったとしても、いちいち確認すれば良いのだから、問題ない。

 

そもそも、ウェブやアプリなどのサービスをやるならば、ビジュアルやテキストで良さを伝えないといけないのに、電話に頼ってどうするの?と思うのだ。

 

 

シンプルに考える

シンプルに考える