読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

不思議な家庭科の授業

人生を振り返って、あれほど謎だった授業はなかったと思える授業があった。

 

それは、高校1年の技術家庭の「異性に求める条件」という授業だ。

 

顔、性格、スタイル、趣味が合う、料理ができる、収入・・・とか、いろいろな条件が列挙されており、それを持ち点100の中で配分して、アンケート形式で記入するというものだ。例えば、顔30、性格20、料理40、趣味10というように記入するのである。

 

ていうか、これ何で家庭科でやっているんだろ?
と思いながらも、僕は迷わず、顔に100点全部をあてた。他に1点も配分しなかった。

 

何故って、女性の顔を見れば、正確に言うと顔つきを見れば、だいたいの性格も、何にコンプレックスを感じるかも、言語化しないまでも印象としてわかる。

 

それに自分の人生経験上、可愛い子はだいたい性格が良かったし、形のない性格という欄で判断するより、顔を判断基準にしたほうがわかりやすいじゃんと思っていたし、今もそれは間違っていないと思っている。

 

そのアンケートを提出したら、何故かその結果がランキング形式として黒板で発表され、当然顔に100と記入した僕の名前は黒板にデカデカと書き出された。

 

デリカシーの欠片もない教師のおかげで、クラスの女性陣のほとんどから、「最低」とか「キモい」とか酷い悪口と陰口の連続の日々が続くことになったのだ。

 

そして男子は影で「お前、カッコ良いよ」と言われるわけだが、聞いてみると、顔の欄は5点とかにしていたようだ、絶対ウソだ!そんなわけがないだろう!

 

僕はここに日本の教育の問題が存在しているように思う。皆、空気を読みすぎるのだ。これから中国やらインドやら、欧米やらと様々な国の人間とビジネスで渡り合っていかないといけないのに、こんなので良いのだろうか?

 

このままでは、彼らに主張負けする未来しか見えない。今までの日本の教育は間違っているというくらいに方向転換しないといけないだろう。

 

ちなみに、そんな感じでほとんどの女性から嫌われた僕だったが、当時クラスで一番仲の良かった女子は、学年でもトップクラスに可愛い子だった。

 

ほら、やっぱり可愛い女子のほうが性格良いじゃないか!!!

 

 

広瀬アリス写真集「ALICE」

広瀬アリス写真集「ALICE」

 

 

広瀬すずさんの姉、広瀬アリスさん。僕の周辺でファンが急速に増えている。