Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

高塚愛鳥さんなりすまし炎上事件

「高塚愛鳥さんなりすまし炎上事件」

 

と聞いても、なんの事かわからない人が多いだろう。高塚愛鳥さんとは、安保関連法案に反対する「戦争したくなくてふるえる」というデモを主催している女性だ。

 

そんな彼女の名前を騙ったなりすましTwitterアカウントの発言が先日拡散された。

 

alfalfalfa.com

 

デマの写真をブログに載せるのは気が引けるので、ここでは掲載しないが、高塚愛鳥さんの名前を騙ったTwitterアカウントが、痴漢のでっちあげをしたとか、先日の新幹線内で起きた焼身自殺事件は安倍首相のせいだというtweetが拡散されてしまっているのだ。

 

正直にいうと、僕は最初騙されて10分ほどTwitterFacebookにシェアしていたのだが、「さすがにおかしくね?」と思い、色々検索したりしていたら、偽アカウントである可能性が高い事がわかり、速攻投稿を削除した。

 

その10分で、どれだけの人の目に触れたかはわからないが、彼女には大変申し訳ない事をしてしまったと思う。

 

その後驚いたのが、ネット上で影響力のありそうな人たちが、このデマを僕と同じように騙されて、拡散していた事だ。

 

しかも、その拡散されたFacebookの投稿に対してのコメント欄を見ると、今は消されている投稿のものだったが、感情に任せた罵詈雑言の嵐で、人格否定の言葉のオンパレード。

 

中には事実が確認されているとは思えないような憶測で、「こいつは風俗嬢だろ」だとか、職業差別の発言も見受けられた。

 

いくら自分と政治的価値観が違うからといって、そこまで言って良い権利が誰にあるのだろうか? それに、感情に任せて、偽情報で個人攻撃をする人こそが、自分たちが成し遂げたい安保法案の実現の足を引っ張っている事が何故わからないのか?

 

戦争法案」というレッテル貼りの安易な言葉でデモをするのも幼稚だが、偽情報を掴まされて個人攻撃に走る人たちも幼稚だ。そして今度は、きっと騙された人たちに向けて、「謝罪しろ」とか「単細胞バカ」と罵り合う展開になるのだろう。

 

前の戦争は、単純で移ろいやすい世論という空気によって実現されてしまったという事を反省すべきだ。戦争の原因は、法律でも政権でもなくて僕たちだ。

 

 

10代からの情報キャッチボール入門――使えるメディア・リテラシー

10代からの情報キャッチボール入門――使えるメディア・リテラシー

 
池上彰のメディア・リテラシー入門

池上彰のメディア・リテラシー入門