Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

2つの会社を持つ事になった僕のこれから

実は色々あって先月の6月に2つ目の会社の代表取締役になった。経緯はまた別の記事で書くかもしれないが、別に何か大きな問題が起こったわけではない、ただ少し時期尚早だっただけである(笑)

 

というわけで、2つの会社を持った僕はこれからどうしようかという事を考えてた事をブログにまとめてみようと思う。

 

インターネットの本質は「個人への力の譲渡」

 

僕は元々、株やFXのトレーディングで稼ぐ個人投資家だったのだが、常々すごい事だと思う事がある。

 

それは、インターネットで世界中の情報にアクセスを行う事ができ、ネット証券では、今までとは比べものにならない手数料で取引が可能になった。金融商品の発展もあり、世界中の市場に投資が簡単に出来るようになった。これは、ヘッジファンドなどがやっていた事だ。

 

そして今はクラウドファンディングというものがある。これは実現したいプロジェクトやガジェットを作るために一般人から資金調達をする事が出来るようになるという仕組みだ。今はまだ一般的とは言えないが、この先には投資というものの民主化が待っていると思っている。

 

ブログやSNSで個人が自分の意見を発信するメディアを作れるようになったように、これからは投資を誰でも出来る時代になっているのだ。

 

更にクラウドソーシングで社外の個の才能と繋がりやすくなり、クラウドコンピューティングにより、データ管理等の外注まで出来るようになった。これは何を意味しているのか?

 

僕が思うにオープンイノベーション経営の現実化だろう。

 

今までは何もかも抱え込む事が競争戦略だった。優秀な社員も、お金も、特許も、全てだ。

 

しかし、これからは違ってくる。アイディアを開放して、外部の人と資金との組み合わせで、信じられないようなビジョンを実現する事が可能になっている。

 

「抱え込まない」これからの時代の最大の戦略になる。

 

スマホは小さなパソコン、オフィスですら必要がなくなる。

 

ひとつの事業だけではなく、複数事業を同時並行で経営する人も更に増えて行くことになる。僕はその中で、実験をしてみたいと思っている。

 

僕のひとつめの会社「NMS株式会社」ではひとりの会社でどこまで出来るかを実験しようとしている。

 

お金を稼ぐプロジェクト、お金をもらわないプロジェクト、お金を投資して関わるプロジェクト、様々な関わり方でポートフォリオを組むわけだ。

 

 

とにかく出せるアイディアを外に出し、利益を抱え込まない。ちょうど僕の感覚にあったTweetがあったので、随分と勇気付けられていたが、これを形に出来たら面白いことができるんじゃないかと思っている。

 

もうひとつの会社「Hobby株式会社」では、少し先の話になるが、もっと面白い会社運営、新しい組織の形を導入してみたいと思っている。まだ時間はかかりそうだが、実現に向けて動く準備をしている。

 

最近色々な人に、「何の事業をやっているのか?」と聞かれて困る事がある。やりたい事がありすぎるのだ。インバウンドビジネスも、ロボットも、VRも何もかもだ。

 

上手くはいかないと聞くが、僕はひとつの事に集中できないのだ。きっとジョブズAppleのような偉大な会社を作るのには向いていないのだろう。

 

しかし、それは仕方がない。他の誰かになれないのなら、自分になるしかない。