読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

とっておきの夢を実現できる時代になった!

先日、僕が支援したロボット開発チーム『DKT』の開発したロボット『Mini』が、中国で行われたロボカップ世界大会で、なんと予選を突破して、世界9位の自立型ホームロボットに認定されるという快挙を成し遂げた。

 

開発チームは、高校生と大学生のグループ、若い才能が世界に飛躍したというわけだ。

 

その事自体、ドラえもんで育ち、ロボット作りに憧れ、ささやかながら支援した僕としても、感無量の出来事だったが、インターネット、SNSの力を間近に感じたという意味でも素晴らしい経験だった。

 

彼らは、本来であればバイトでお金を稼いでいる時間も全て研究に割いていたため、今回のロボカップ世界大会に参加するために中国に渡航する費用も苦労していた状況だった。

 

そんな彼らの状況をSNSで聞いた僕は支援を申し出て、その後のやりとりも全部Facebookのmessengerで済ませた。それ以前も、たったの1回しか会った事はない。ただ、彼らの活動はSNS上に事あるごとに投稿されていたし、なんとなく彼らの人柄も伝わっていた。だから支援を申し出たのだ。

 

それは僕に限らず、同じ投稿を見た人は何人も支援を申し出ていたようだ。僕の話を聞いた友人の中にも支援をしてくれた人もいる。

 

今までであれば、そんな関わりはほとんど考えられなかったかもしれないが、今は直接会った事がなくても、支援もできるし、その人が信用できるかどうかもある程度わかる時代になってきたと僕は思うのだ。

 

それは、お金も人も、その人の人柄や夢に集まる事が、今まで以上に簡単になった事を示している。

 

自分がこれから稼ぐお金も、色々な夢と才能の力になれる事をしたいと思っていたので、この経験は僕にとって、ある意味で道が一つ見えたような気がする出来事だった。

 

f:id:nextmoonshot:20150727224719j:plain

 

ちなみに、ささやかな支援にも関わらず、律儀にも僕の名前のロゴを貼って、スポンサーとして紹介してくれたらしい。ありがたい話だ。

 

僕も中国のロボット界では、少し有名になったかもしれん(笑)