Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

福島もルミナリエみたいな事をやると良いと思うんだけど・・・どうなのよ、実際?

ルミナリエって、阪神大震災の鎮魂の意味を込めて行われているものなんだよね。

 

wikipediaで見てみると、赤字になっていたり、経費節減のために開催日が短縮されていて、結構厳しい状態みたいだけど、とはいえ、合計で300万人以上の人が参加しているのだから、なかなか侮れない。

 

当時の大震災を知らない世代が素直に楽しんでいるのは良いことだと思う。悲劇を心に刻むこと、忘れずに準備を続けることも大事だが、それ以上に現在そこに住んでいる人たちが豊かになれる方法を官民で協力して模索していくことが必要だろう。

 

そういう意味で、福島もルミナリエのようなイベントをやるのが良いのかなと思うが、おそらく現地の人はそれくらいのことはとっくに考えているし、実行もしているんだと思う。

 

では、何が必要かといえば、PR力につきる。僕のような人間でも神戸の12月といえば「ルミナリエ」とイメージがついている。

 

福島の春といえば、「あのイベント」と思わせるような事をやっていくことが必要だろう。

 

僕が応援しているインバウンドの会社さんでは、地域ブランドプロデュース事業を行っている。

 

bojinc.com

 

コンサル+プロモ企画・実施+集客をトータルでやっていて、海外へのPRに強みを持っているので、イベントだけに関わらず、地方を総合的に盛り上げていきたいね。

 

 

 

花は咲く

花は咲く

  

共鳴

共鳴

 

 

人気記事

 

『朝が来る』辻村深月さんの新たな名作 - Next Moonshot

 

観光業界について思うことあれこれ - Next Moonshot

 

未来に先回りしてルールメーカーになれ!『未来に先回りする思考法』 - Next Moonshot

 


お知らせ

 

noteを始めました!

note.mu