Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

ついに「超いいね!」や「ひどいね」などの感情表現を実装したFacebook

ついに、この日が来た。

 

www.sankeibiz.jp

 

記事によると

 

新しい評価機能「リアクション」は、「いいね!」「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」の6つの評価ができ、日本はスペインやポルトガルなどに次いで6カ国目の提供。

 

とある。

 

確かに14日にウェブからFacebookを見てみると、「リアクション」という言葉に変化しており、「いいね!」以外のものも出てきている。

 

まだ、モバイルアプリには反映されていないが、そう遠くない未来に反映されていることだろう。ザッと見たところ、海外の投稿では既に「ひどいね」や「悲しいね」などのネガティブなリアクションが使われているが、今のところ、日本人の投稿ではあまり見かけない。

 

しかしながら、訃報に「悲しいね」が出来たのは基本的にありがたい。読んではいるけど、「いいね!」はしにくかったからだ。

 

僕の投稿でもありがたいことに「超いいね!」などの「うけるね」などを早速いただくので、これから、どんどん使われていくだろう。

 

ポイントはおそらく、「ひどいね」だろう。このリアクションは、日本人の性質上、最初はやりづらいし、なかなか押されないだろうが、一度波に乗ると、遠慮なくやるのが日本人なので、この「ひどいね」というリアクションの行く末は個人的に注目している。

 

ただの炎上の指標となるのか、それ以外のコミュニケーションとなるのか、それ次第では新しいエンタメやマーケティング手法として応用できるような気が僕はしている。

 

まあ・・・あまりに「ひどいね」が多いとアカウント凍結とかになったら嫌だが。

 

 

「炎上」と「拡散」の考現学――なぜネット空間で情報は変容するのか

「炎上」と「拡散」の考現学――なぜネット空間で情報は変容するのか

 
ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)

 

  

ソーシャルメディア炎上事件簿

ソーシャルメディア炎上事件簿

 

 

 

人気記事

 

歯医者の美人スタッフとの仁義なき戦い - Next Moonshot

 

何だかんだ言っても、可愛くて、品があって、ほんのりエロスのある女性がモテるよね - Next Moonshot

 

友達に連れてってもらった乃木坂握手会で聖母と出会った件〜前編〜 - Next Moonshot

 

友達に連れてってもらった乃木坂握手会で聖母と出会った件〜後編〜 - Next Moonshot

 

新成人へ贈る言葉 (2016 女性Ver.) - Next Moonshot

 

 

お知らせ

 

noteを始めました!

note.mu