読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

『米とサーカス』#高田馬場 #ジビエ居酒屋 #ディナー

f:id:nextmoonshot:20160114204115j:image

 
f:id:nextmoonshot:20160114204132j:image
 
f:id:nextmoonshot:20160114204144j:image
 
f:id:nextmoonshot:20160114204159j:image
 
f:id:nextmoonshot:20160114204210j:image
 
f:id:nextmoonshot:20160114204251j:image
 
f:id:nextmoonshot:20160114204326j:image
 
 
凄いお店に入ってしまった・・・

高田馬場にある、獣肉酒場『米とサーカス』

ジビエと言えば聞こえがいいが、どちらかというとゲテモノと呼べるラインの料理を出すことで有名なお店。味は美味しいんだけどね。

まずこのお店の外観が凄い。雨の日の夜だったもんで、雰囲気がありすぎる。このまま帰ってこれないんじゃないかとビビる人続出だろう。

と少しビビりながら、お店の二階の席に通してもらうと、さっきまでのホラー感が嘘のようにアットホームな雰囲気・・・なはず。いや、感覚が麻痺してたのかもしれない。

というわけで、せっかくなので、ここでしか出ないようなメニューをいくつか頼んだ。さっきも書いたが料理は美味しい。

特にスズメバチの子の甘露煮と、馬鹿メー盛り(馬と鹿と羊の肉刺し盛り合わせ)、味噌煮込みを豪快にぶっかけた、煮込みぶっかけ飯。これが美味しい。

しかし、何が残念って、僕の文章力じゃ、あまりこのお店の魅力が伝わっていないような気がする所だ。ぜひ友達で集って行ってみてほしい。

ただし・・・付き合ったばかり(もしくは前)のカップルで行くことは、本気でオススメしない。


お店情報

店名:米とサーカス

ジャンル:ジビエ居酒屋

住所:東京都新宿区高田馬場2-19-8

価格帯(昼):なし

価格帯(夜):4,000〜5,000

クレジットカード:可 

推奨シチュエーション:友人と

オススメメニュー:煮込みぶっかけ飯、スズメバチの子甘露煮

営業時間:17:00〜翌5:00

休業日:無休

予約:必要

Tel予約:050-5868-7643

Web予約:http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13124219/
 
 

この本、読んでみたんだけど、ちょっと昆虫食に興味持てた。スズメバチの子の甘露煮食べようと思えたのは、この本のおかげだわ。

 

昆虫を食べてわかったこと

昆虫を食べてわかったこと

 

 

 

===フォロー大歓迎!====
Instagram/Twitter/Facebook

 

オススメ記事

 

nextmoonshot.hatenablog.com

 

nextmoonshot.hatenablog.com

 

nextmoonshot.hatenablog.com

 

nextmoonshot.hatenablog.com

 

nextmoonshot.hatenablog.com

 

 


お知らせ

 

noteを始めました!

 

僕が去年までに関わった&今年に種を蒔きたい事業領域をnoteで連載しています。

 

事業の立ち上げをやっている僕が考える、2016年までに仕込みたい15の注目事業領域!Vol.1〜成層圏〜|山口慎平|note

 

事業の立ち上げをやっている僕が考える、2016年までに仕込みたい15の注目事業領域!Vol.2〜VR〜|山口慎平|note

 

 

 


邪道VRメディア「WithVR」を運営しています!

 

真っ当なVRメディアを構築するのを早々に諦めた僕、せめて楽しんで読んでもらえるVRメディアを目指しています。

 

withvr.net

 

 

 

VR映像制作承ってます!

 

VR映像制作、360度動画の制作依頼の際は遠慮なくご連絡ください!

 


【お問合せ先】

山口 慎平

mail:yamaguchi.boxvr@gmail.com

 


映像会社と印刷会社によるVRプロジェクト「BOX VR」

 

CM業界で培った「映像企画力」を強みとする映像ボックスと「自社開発ダンボール製ゴーグル」を販売する印刷会社ネッツが連携し、ハイクオリティVRからカジュアルVRまで幅広く対応可能なVR事業「BOX VR」を本格稼働させます。

 

映像コミュニケーションはVRによって新時代に突入します。「BOX VR」ではVRを使った有効なコミュケーションを企画・提案・制作していきます。