読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

宇宙が当たり前になる日へ

先日、こういったプロジェクトがクラウドファンディングサイト「Makuake」からスタートしたみたいだ。

 

えっ?宇宙に手が届く!?日本語取説付き人工衛星開発キット「ARTSAT KIT」

 

既にネットニュースではいくつか取り上げられている。

 

人工衛星のDIYキット『ARTSAT KIT』、Makuakeで販売。お値段60万円~(打ち上げ費用含まず)

 

宇宙から戻ってきたロケット部品などがリターンで手に入る3000円コースから、誰でも宇宙にチャレンジできる人工衛星キットを手に入れられる40〜80万円コースがある。

 

個人でも手の届く価格の人工衛星のキットというのは非常に魅力的である。

 

しかし、気になる点がふたつある。

 

まず打ち上げ費用は(当たり前だが)別であること。そして、太陽電池、通信モジュールは付属せず、衛星基板を組み付ける衛星構体は、3Dプリンターなどで作成する必要があるという点。

 

打ち上げ費用については、JAXAなどの相乗りの制度を利用してほしいとのことだ。

 

無償の相乗りプログラムと、有償(300万円)の相乗りプログラム、あとは海外の1000万の相乗りが提示されている。

 

相乗り(無償)

H-IIA相乗り(無償の仕組み)|超小型衛星の打上げ・放出機会提供|JAXA新事業促進部

 

相乗り(有償)

「きぼう」放出(有償の仕組み)|超小型衛星の打上げ・放出機会提供|JAXA新事業促進部

 

相乗りの打ち上げ実績のページを見てみると、ほとんどは大学。わずかながら民間企業が入っているが、これは無償なのかな?

打上げ予定・実績・リンク|超小型衛星の打上げ・放出機会提供|JAXA新事業促進部

 

そして二つ目の宇宙空間対応の太陽電池と通信モジュールが別売りであるということ。おそらくサポートはあるのだろうが、それが無いと、宇宙に飛ばしても意味がないように思える。

 

そういう意味では、どちらかというと、初心者お断り仕様だ。

 

とはいえ、人工衛星を開発するような民間企業や大学の団体が、わざわざ高いお金を出して買うというイメージも湧かない。

 

なので、買ったはいいが、JAXAの相乗り制度が利用できずに、40〜80万円のオブジェになる可能性が大きいように感じる。まあ、もちろんそれくらい宇宙が好きな人はいるだろうから、それを覚悟の上で支援するなら良いと思うけどね、ただ正直、宇宙が身近になるプロジェクトとは思えない。

 

どこからか、「この程度のハードル乗り越えられない奴らはお断り」という声が聞こえてくるようだ。技術者としてのプライドや感情はわからなくはないけど、それじゃあ業界の裾野は広がらないよとも思う。これは別に宇宙だけの話じゃないけどね。

 

ビルゲイツはPCを、スティーブジョブズはスマホを当たり前にした。ある程度の知識があれば中学生や小学生でも、スマホアプリを開発したり、ウェブサイト、ブログ、ネットショップを立ち上げられるようになった。

 

もちろんスマホと宇宙開発は違うが、それくらい誰でも触れられる所を目指していくべきなんだけど、その方向性をこのプロジェクトが目指しているようにはどうにも思えないんだよな。

 

手前味噌にはなるが、僕が関わっているプロジェクトの「BELLABOW」は今、成層圏に代替人工衛星になるものを開発するべく動いている。

 

f:id:nextmoonshot:20160113005847j:plain

 

僕らは「面白いは正義」ということで、業界なんて関係なく、ただ面白いことのためにやっているし、そもそも高度100キロより上の宇宙空間を前提にしているプロジェクトではないから、あんまり偉そうな事は言いたくないが、「宇宙を当たり前」にという点では役に立てるんじゃないかな?

 

夢を打ち上げるんやない、夢で打ち上げるんや!: 人工衛星まいど1号プロジェクト

夢を打ち上げるんやない、夢で打ち上げるんや!: 人工衛星まいど1号プロジェクト

 

 

 

===フォロー大歓迎!====
Instagram/Twitter/Facebook

オススメ記事

 

面白いは正義だ! このタイトルで記事を書くリスクに読者の皆さんは気づいているだろうか? - Next Moonshot

 

社長の昔語りがウザくてしょうがないんですが、社長ごと宇宙ロケットで飛ばすのにいくらかかりますか?と思ってた僕が今はその社長だよ! - Next Moonshot

 

ベゾス神が世界を征服する時・・・ - Next Moonshot

 

「竹炭×デザイン」というソーシャルビジネスが凄い! - Next Moonshot

 

そろそろ男は西野カナという存在の影響力を本気で検証したほうが良いと思うの - Next Moonshot

 


お知らせ

noteを始めました!

 

僕が去年までに関わった&今年に種を蒔きたい事業領域をnoteで連載しています。

 

事業の立ち上げをやっている僕が考える、2016年までに仕込みたい15の注目事業領域!Vol.1〜成層圏〜|山口慎平|note

 

事業の立ち上げをやっている僕が考える、2016年までに仕込みたい15の注目事業領域!Vol.2〜VR〜|山口慎平|note

 

 


邪道VRメディア「WithVR」を運営しています!

 

真っ当なVRメディアを構築するのを早々に諦めた僕、せめて楽しんで読んでもらえるVRメディアを目指しています。

 

withvr.net

 

 

 

VR映像制作承ってます!

 

VR映像制作、360度動画の制作依頼の際は遠慮なくご連絡ください!


【お問合せ先】

山口 慎平

mail:yamaguchi.boxvr@gmail.com

 


映像会社と印刷会社によるVRプロジェクト「BOX VR」

 

CM業界で培った「映像企画力」を強みとする映像ボックスと「自社開発ダンボール製ゴーグル」を販売する印刷会社ネッツが連携し、ハイクオリティVRからカジュアルVRまで幅広く対応可能なVR事業「BOX VR」を本格稼働させます。

 

映像コミュニケーションはVRによって新時代に突入します。「BOX VR」ではVRを使った有効なコミュケーションを企画・提案・制作していきます。