読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Next Moonshot

道楽を追い求めている男のブログです。

新しく出来た東急プラザ銀座に行って、インバウンドを考えてみた

日記

先日、銀座に新しくできた東急プラザ銀座に行ってきた。

 

外観も、中の空間もかなりオシャレだ。

 

f:id:nextmoonshot:20160406035933j:image

 
屋上の「KIRIKO TERRACE」はGREEN SIDEとWATER SIDEに分かれており、春から夏にかけては心地よく過ごせる感じ。
 
f:id:nextmoonshot:20160406035953j:image
 
f:id:nextmoonshot:20160406040014j:image
 
f:id:nextmoonshot:20160406040026j:image
 
f:id:nextmoonshot:20160406040041j:image
 
あと、6階の「KIRIKO LOUNGE」はとても美しい空間だった。
 
・・・僕に使いこなせるかはわからないが(笑)
 
f:id:nextmoonshot:20160406040059j:image
 
とはいえ、訪日観光客を狙ったであろう、「FIND JAPAN MARKET」は正直微妙な感じ。
 
f:id:nextmoonshot:20160406040126j:image
 
f:id:nextmoonshot:20160406040136j:image
 
「日本のカルチャーを発信」というテーマで色々置いてあって個々の店は決して悪くはないんだけど、狙いが見え透いていて陳腐な感じだし、そもそも英語や中国語表記が無い。
 
このフロアには、あまり海外の人もいなかった。たぶん、普通にブランド物のフロアを増やした方が良いと思う。
 
f:id:nextmoonshot:20160406040145j:image
 
RoBoHoNが置いてあるのにはビックリした(笑)

SHARPの未来がどうなるかわからないが、僕はRoBoHoNを応援している。
 
こうして見ると、かなり愛らしいんだよね。
 
f:id:nextmoonshot:20160406040155j:image
 
新しくできた東急プラザ銀座を一通り回ってみて、ふとインバウンド対策を考えてみた。

2015年の訪日観光客数は1974万人。当初の目標を上方修正して、2020年の目標を4000万人、2030年には6000万人としている。

これは政府の目標なのであって、僕個人の意見としては、インバウンド事業者は、年間訪日観光客数1億人を目指すくらいでちょうど良いと思っている。

それを考えると、訪日観光客に向けて商売をしようとすることは、間違っていない。ビジネス的には大正解だろう。

では、ただ「日本っぽい」のを置いておけば、観光客の方が喜んでくれるのかといえば、そうではない。

中途半端に日本を詰め込むくらいなら、ブランド物や家電を売った方が良いということだって考えられる。

勝手な思い込みじゃなくて、データに基づいて観光客の購買行動をちゃんと分析していくべきだし、オペレーションもテーマとリンクしているのかも重要だ。

優秀な社員は中にたくさんいるはずだから、ちゃんとやれば出来るとは思うが、そういう人たちの意見が反映されているのか疑問に感じる内容だった。

ここまで言ったが、個人的にはかなり好きな感じだったし、ちょくちょく使わせてもらうとは思う。

でも、ほとんど売上に貢献しないであろう僕の好みでは仕方がない気がするのだ。
 

 

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

 

 

 

===フォロー大歓迎!====
Instagram

Twitter

twitter.com





オススメ記事

nextmoonshot.hatenablog.com


nextmoonshot.hatenablog.com

 

nextmoonshot.hatenablog.com

 

nextmoonshot.hatenablog.com

 

nextmoonshot.hatenablog.com




お知らせ

noteを始めました!

僕が去年までに関わった&今年に種を蒔きたい事業領域をnoteで連載しています。

note.mu





邪道VRメディア「WithVR」を運営しています!

真っ当なVRメディアを構築するのを早々に諦めた僕、せめて楽しんで読んでもらえるVRメディアを目指しています。

withvr.net





VR映像制作承ってます!

VR映像制作、360度動画の制作依頼の際は遠慮なくご連絡ください!


【お問合せ先】
山口 慎平
mail:yamaguchi.boxvr@gmail.com


映像会社と印刷会社によるVRプロジェクト「BOX VR」

CM業界で培った「映像企画力」を強みとする映像ボックスと「自社開発ダンボール製ゴーグル」を販売する印刷会社ネッツが連携し、ハイクオリティVRからカジュアルVRまで幅広く対応可能なVR事業「BOX VR」を本格稼働させます。

映像コミュニケーションはVRによって新時代に突入します。「BOX VR」ではVRを使った有効なコミュケーションを企画・提案・制作していきます。